• language
  • language

デバイス&システム・プラットフォーム開発センター

Device & System Platform Development Center

solution Image

事業内容


株式会社デバイス&システム・プラットフォーム開発センター(略称:DSPC)は、多種多様なデータを活用して新たな価値が創出される「超スマート社会」を実現するために必須となる、超低消費電力なデータ収集システムの開発を行います。

具体的には、自立電源化(電池フリー)を目指したエネルギーハーベスティング(環境発電)技術、超低消費電力なデバイス・回路技術などの重要な要素技術を開発し、これらを統合して多種多様なアプリケーションに適合したデータ収集システムの社会実装を推進することで、IoT市場への普及・拡大を図って行きます。

また、このデータ収集端末を普及拡大させる目的でエッジコンピューティングのプラットフォーム化を推進するための「エッジプラットフォームコンソーシアム」の運営も行ってまいります。

研究開発

「超低消費電力データ収集システムの研究開発」を行っております。

サービス&ソリューション

自立電源IoTデータ収集システムなどの提供を行っております。

お知らせ

5
2017年6月
エッジプラットフォームコンソーシアムが正式に発足いたしました。*NEW*
2017/6/5

2017年5月31日、エッジプラットフォームコンソーシアム(略称:EPFC)の設立総会が開催され、EPFCが正式に発足いたしました。
設立総会の様子については、このページ内の「イベント&セミナー」に掲載しております。 詳しい情報はエッジプラットフォームコンソーシアムのHP
https://www.epfc.jp  でも紹介しております。

11
2017年5月
エッジプラットフォームコンソーシアムのホームページを公開いたしました。
2017/4/13

URLは以下の通りです
https://www.epfc.jp
ホームページでは、コンソーシアムの紹介のみならず、活動報告やセミナー/シンポジウム講演会などの各種イベントも紹介してまいります。

6
2017年2月
エッジプラットフォームコンソーシアムの入会受付を開始いたしました。
2017/2/6

入会を希望される方は コンソーシアムのHP
https://www.epfc.jp/ の「入会のご案内」をご確認いただき、お申込み下さい。

1/31に開催した説明会の様子については、このページ内の「イベント&セミナー」をご覧ください。
1
2016年8月
事業開始について
2016/8/1

川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア東館10階に事務所を開設し、事業を開始しました。

 

イベント&セミナー

2017年5月31日(水)
エッジプラットフォームコンソーシアム設立総会

2017年5月31日に「エッジプラットフォームコンソーシアム(EPFC)」の設立総会が 開催されEPFCが正式に発足いたしました。

理事長として、東京工業大学 科学技術創成研究院研究院長 益 一哉教授が就任しました。

president 理事長に就任された益教授

EPFCは、一般会員29社、賛助会員2機関でスタートします。
EPFCは、現場の課題を持つニーズ側と課題解決のための技術を持つシーズ側が協働して エッジ側技術を基軸とするIoTシステムのプラットフォームの構築を目指します。 DPSCは、EPFCの事務局を担当すると共に会員企業の一員として、IoT市場の拡大・促進に寄与・貢献してまいります。

inaugural meeting 設立総会の様子

2017年1月31日(火)
「エッジプラットフォームコンソーシアム」説明会

2017年1月31日にエッジプラットフォームコンソーシアム設立の説明会を開催しました。 このコンソーシアムは、IoTシステム普及の為に多種多様な現場の課題を解決し 簡便・低価格で実現可能な共通の基盤(プラットフォーム)をニーズ/シーズを持つ産学協働で構築することを目的としています。
DSPCは、事務局を担当するとともに、シーズ企業の一社としても参加します。
Analyst 説明会には、39機関、52名の方にご参加頂きました。今後も設立主旨に賛同頂ける機関の参加を広く募集してまいります。

seminar 当日の会場の様子

2016年10月4日(火)
プライベートセミナー

UKよりIDTechExのアナリストを招いて、セミナーを開催しました。
当日はEnergy Harvesting、Sensor等IoT関連の市場、技術動向等についての活発な意見交換が行われました。

Analyst IDTechExからのアナリスト seminar セミナーの風景